リスクを減らす対策をして楽しくマンション経営をしよう

案内する人

マンションで資産運用

集合住宅

注目されているマンション

アパートやマンション経営は専門知識が不要で誰でも始められる資産運用です。魅力は長期にわたって理想的な家賃収入が得られることで、年金対策や老後の不安解消まで投資として関心が高まっています。日本は低金利状態が続き、預金の元本割れリスクもあります。少子高齢化や財政難で老後の不安が高まる中、マンション経営は貴重な収入減になります。マンション経営のリスクとしては、まず物件価格の変動があります。建物は経年劣化によって価値が下がっていくので、家賃相場などは価格変動が起きる恐れがあります。建物を維持していくためには入居時の修繕費用や建物のメンテナンス。固定資産税や保険料がかかります。そして不動産投資で最も多いリスクは家賃滞納や空室です。

どんなに立派なマンションでも入居者がいなければ運用できません。入居者の空室管理については管理会社による委託がほとんどですが、空室が長く続くようなら管理会社を変更する必要があります。そしてマンション経営で次に多いリスクが家賃滞納です。家賃を滞納した場合の請求業務は管理会社が行います。入居する際の契約審査なども重要で厳しくすることが必要です。このような対策をとることでリスクはかなり抑えられますが、あまりに厳しい審査基準を設けると、逆に空室リスクが増える恐れがあります。マンション経営にはトラブルやリスクがつきものですが、リスクを少しでも軽くするためには不動産会社選びが大切です。バランスの取れた物件と家賃設定で、高い入居率実績を持った不動産投資会社を選びましょう。

不動産投資を行なう

内観

マンション経営はリスクを伴うと言われていますが、きちんとしたマンション管理会社を雇っておけば、そのような心配は必要ないです。まずは不動産投資セミナーに参加して、いろいろと情報を収集しておき、投資に備えるのが良いです。

View Detail

マンションの運用の注意点

物件

マンション経営におけるリスクには、少子化を背景とした空き部屋リスクがあります。かなりの急ピッチで建設が進むこともあり、売却が増えると流動性の低下による値下がりも懸念されます。そのような点に注意して物件探しをする必要があります。

View Detail

やってみることが大切

お金

マンション経営が人気となってきています。今後もチャレンジする人が増えてくるかもしれません。その理由はリスクが多少なりともあっても、大損をすることはないと言えるからです。また、やりがいを感じられるという点も挙げられます。

View Detail

Copyright© 2016 リスクを減らす対策をして楽しくマンション経営をしよう All Rights Reserved.