リスクを減らす対策をして楽しくマンション経営をしよう

微笑む女性

マンションの運用の注意点

物件

これから予測できる動向

マンション経営には幾つものリスクが伴います。一般に投資活動には大なり小なりあるものですが、特にマンション購入となれば多くの知識を得る必要があります。特に近年の不動産相場の上昇と相続税対策により、マンションを購入するケースは増えてくると見られます。そのようなマンション経営人気に伴う形で、必然的に限られた賃借人をいかに確保するかという問題になります。つまり、今後はさらに空き部屋となるリスクが高まるわけです。それを避けるためにも正しい知識を得る機会が必要になります。そのために、不動産会社が提供するセミナーも多く開催されると予測されます。この時代でどのような運用を心掛けるべきなのかを学ぶことができるのです。

注意すべき点

まずマンション経営で心配されるのが、少子化の影響です。サラリーマンにも人気の高いワンルームマンションは若い単身者が主な賃借人となります。しかも学生から新社会人となる年齢層が多く利用することになります。この年齢層が少なくなることにより、ワンルームマンションの需要は少なくなることが懸念されます。さらにリスクとして考慮すべきはローンの金利です。現在はかなり低い金利ですが、特に変動金利を利用している場合は返済額が増加する可能性があります。そしてそこにはもうひとつのリスク、流動性の低さがあります。マンション経営の人気もあって大量に建設されるマンションが、売りに出されるようになると供給過多となります。そして値下がりの可能性も出てきます。

Copyright© 2016 リスクを減らす対策をして楽しくマンション経営をしよう All Rights Reserved.